アルツハイマー貼付剤「イクセロンパッチ/リバスタッチパッチを新発売


7月19日、ノバルティスファーマ小野薬品工業は、アルツハイマー型認知症治療薬としては国内初の貼付剤となるイクセロンパッチ/リバスタッチパッチを新発売。

国内のアルツハイマー型認知症治療薬は1999年にエーザイのアリセプトが発売されて以降、長らく1剤体制が続いていたが、今年3月にヤンセンファーマと武田薬品工業レミニール、6月に第一三共メマリーを発売。

これらはいずれも経口剤で、貼付剤のイクセロンパッチ/リバスタッチパッチは国内初なる。

 イクセロンパッチ/リバスタッチパッチの特長について、投与方法が簡便で、貼付の有無などを目で確認できることから、介護者の服薬介助の負担が軽減されることや、患者の服薬順守、服薬継続につながることなどを挙げている。

 また、皮膚から薬剤を徐々に吸収するため、血中濃度の急激な上昇を抑え、悪心、嘔吐といった消化器症状が軽減されるという。

 軽度から中等度に用いられ、用法・用量は通常1日1回4.5mgから開始し、原則4週ごとに4.5mgずつ増量する。維持量は18mg。

 アリセプトやレミニールと同じ作用機序(コリンエステラーゼ阻害剤)であるため、これらとは併用できないが、中等度から高度に用いられ、作用機序が異なるNMDA受容体拮抗薬のメマリーとは併用可能。

“アルツハイマー” の話題のニュース – エンタメ情報検索

“アルツハイマー” の関連商品情報 – エンタメ情報検索

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です