大曲の花火、復興の願いと世界文化遺産となった岩手・平泉をイメージし今年は2900発


大会テーマは「元気な日本」――。大曲の花火として知られる第85回全国花火競技大会の概要が5日、大会実行委から発表。

呼び物の大会提供花火は世界文化遺産となった岩手・平泉をイメージし、2900発で夜空を彩る

実行委は「復興の願いを込め、花火を通して東北、日本を元気にしたい」という。

“花火” の人気の国内旅行プラン – 旅行予約検索サイト

“大曲” の人気の国内旅行プラン – 旅行予約検索サイト

“世界文化遺産” の人気の国内旅行プラン – 旅行予約検索サイト

“平泉” の人気の国内旅行プラン – 旅行予約検索サイト

大会は秋田県大仙市の雄物川河川敷で8月27日午後5時から昼花火、同6時50分から夜花火があり、全国から集まった27人の花火師が腕を競う。

ハイライトの大会提供花火は「奥州曙光(しょうこう)」。平泉を題材に、金色堂や毛越寺(もうつうじ)などを5分45秒間、燦然(さんぜん)と輝く光で表現する。

“大曲の花火” の話題のニュース – エンタメ情報検索

2010 大曲全国花火競技大会 大会提供花火 「挑戦」 – MyTube・YouTub

暑い夏は水遊びで涼しく♪ シャワーや滑り台がついた家庭用プールから、水遊びがもっと楽しくなるビーチボールや水鉄砲までアイテムがいっぱい!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です