3Dにも超解像、BDレコーダーのエントリーモデル2機種 ソニー


ソニーは、Blu-ray Discレコーダーのエントリーモデルとして、Wチューナー搭載の「BDZ-AT750W」およびシングルチューナーの「BDZ-AT350S」を8月上旬に発売・・・。

“ソニー Blu-ray Discレコーダー” の話題のニュース – エンタメ情報検索

BDZ-AT750W の楽天市場の情報

BDZ-AT350S の楽天市場の情報

お探しの情報がきっと見つかります!
http://anisongu.co/adtube_sp/

「CREAS 4」や「インテリジェントエンコーダー3」の搭載で画質をブラッシュアップ。

内蔵HDDの容量は、どちらも500Gバイト。映像エンジン「CREAS 4」や新しい「インテリジェントエンコーダー3」の搭載で画質をブラッシュアップしたほか、3D動画や60p動画を追加したハイビジョンビデオカメラ規格「AVCHD Ver.2.0」にいち早く対応。撮影した3D映像や60p動画をレコーダーのHDDに取り込み、編集やBDへの保存を可能にした。

 一方、スカパー!HD録画やDLNAの「ソニー ルームリンク」といった機能を省いてコストダウンを図っており、また「torne」連携機能「レコ×トルネ」も使用できない。「おでかけ転送」については、BDZ-AT750Wのみがサポート。インターネットを介してリモート予約100+ 件などが行えるWebアプリ「テレビ王国Chan-Toru」、音声認識で番組検索が可能なAndroid用アプリ「Koe-Kara」は利用できる

BDZ-AT750W の楽天市場の情報

BDZ-AT350S の楽天市場の情報

お探しの情報がきっと見つかります!
http://anisongu.co/adtube_sp/

地デジ関連家電限定セール開催中!スタークラブ – 地デジ化応援セール

東北の魅力再発見!おいしいモノが勢ぞろい いいものいっぱい! 魅力再ハッケン! 東北物産展 – Yahoo!ショッピング×Yahoo!オークション

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です