4minuteのヒョナの振り付けが扇情的、所属事務所ヒョナの「BUBBLE POP」の活動を中断


ソロ活動で人気のガールズグループ 4minuteヒョナの振り付けが扇情的であるとの指摘を受け、所属事務所がヒョナの「BUBBLE POP」の今後の活動を中断することを決めた。

“4minute” の話題のニュース – エンタメ情報検索

1st Mini Album - Bubble Pop(韓国盤)
osadasoft

“4minute BUBBLE POP” の関連商品情報 – エンタメ情報検索

4日、ヒョナの所属事務所関係者は「放送局の関係者がヒョナの<BUBBLE POP>の振り付けが扇情的だという<放送通信審議委員会>の意見を伝えてきた」とし「<BUBBLE POP>のポイントとなるダンスパーツを抜いて舞台に立つことは意味がないと判断し、振りつけを修正せずに<BUBBLE POP>の活動を中断することに決めた」と公式の立場を伝えた。

続いて関係者は「8月5日のKBSの歌番組 <ミュージックバンク>、8月6日のMBCの歌番組 <音楽中心>、そして8月7日のSBSの歌番組 <人気歌謡>に出演する予定であったが、全て出演しないことにした」と明らかにした。

ヒョナのソロ曲「BUBBLE POP」は、華やかな骨盤ダンスとセクシー美と健康美が引き立つ衣装で大人気となった。 しかし放送通信審議委員会が「BUBBLE POP」の振り付けと衣装が青少年が視聴する時間帯には不適切とする意見を放送局に伝えた。

ヒョナは「BUBBLE POP」の活動はこれ以上行わず、後続曲の活動を準備する予定でいるとのことだ。

HYUNA ‘Bubble Pop!’ – MyTube・YouTub
http://freesona.com/youtube/bw9CALKOvAI.html

4minute BUBBLE POP の楽天市場の情報

4minute BUBBLE POP のYahoo!ショッピングの情報

4minute BUBBLE POP のAmazonの情報

洋楽・邦楽の境界を越えた胸キュン。カヴァーアルバムが誕生

R&B歌姫シェネルが洋楽の名曲から『SAKURA』などの邦楽曲をカヴァー。『上を向いて歩こう』はなんと日本語の原詞でカヴァー。

シェネル ラブ ソングス 曲目:ベイビー・アイラブユー / Sunshine Girl / For You / ソー・シック / SAKURA / Everything / ガラス越しに消えた夏 / Missing / すべてをあなたに (Saving All My Love For You) / ラヴィン・ユー / ウィズアウト・ユー ~さよなら夏の日 / 上を向いて歩こう / Missing (Japanese Ver.) (Bonus Track)

ロサンゼルス在住、新世代のR&B歌姫シェネルによる初のカヴァー・アルバム。数々の名曲たちを通して、シェネルのヴォーカリストとしての魅力が心地よくハートに響く1枚に。「ベイビー・アイラブユー」「Sunshine Girl」などの最新J-POPヒットから「SAKURA」「Missing」「Everything」などの永遠の名曲までを英語カヴァー。「ラヴィン・ユー」「ソー・シック」などの洋楽の名曲も。今年で発売50周年を迎える「上を向いて歩こう」はなんと日本語の原詞でカヴァー。洋楽・邦楽の境界を越えた作品が誕生した。R&B、ソウル、レゲエ、ダンスがクロスオーヴァーしたサウンドに、グッとくるバラードからテンション上がるアッパー・トラックまで。いますぐ、そしてずっと聴いていたいサマー・アルバム決定盤!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です